和歌山市の釣果情報 今シーズン初のキス釣りです!

4月後半になり、早くも初夏の訪れを思わせる気温の上昇。日差しが眩しくなれば、キスが浅瀬に近づく合図です。和歌山市のキス釣果も、アチラコチラで聞こえ出しました。こうなると、キス釣りが大好きな私の出番です。という事で、4月27日(土)にキス釣りに出かけました。

キス釣りは、エクササイズフィッシングが似合います♪

エギングタックルで楽しむのが、私のキス釣りスタイル。小型のタックルボックスと、小さめの保冷バッグを自転車の前カゴに積み、リールをセットしたエギングロッドを方に担ぎ釣り場までサイクリング。自転車を漕ぐ運動はスタミナが付くと言われ、運動効率が抜群に良いエクササイズなのです。朝日を浴びながら、早朝の気持ち良い風に吹かれる。釣り場までの道中も有意義な時間にしてしまうのが、エクササイズフィッシングの素晴らしさなのです。約20分のサイクリングで、和歌川河口域の浜の宮を目指します。この砂浜は遠浅で絶好のキスの釣り場として人気があり、釣り大会もよく開かれるポイントです。

砂浜の釣り場はジアイが全てなのです!

この日の満潮は午前7時21分。私の経験上、このポイントは上げ7〜8分がベスト。5時前に起床し、5時半頃から釣りを開始したかったのですが、出かける間際になりリールにリーダーがセットされていないのに気が付き、慌ててシステムを組み直しました。この時間ロスが、後の釣果に大きく響くのでした。6時過ぎにポイントに到着し、急いで釣りを開始。一投目からあたりが出るも、針掛かりせず残念。でも、ポツリポツリと小型ながらキスが顔を見せ、4匹釣れたところで潮が止まります。本当にパタッと喰いがなくなるのが、釣りの不思議な所です。30分経過した頃からアタリだし、9時頃にはキスの反応がなくなり納竿。遠浅サーフの釣り場は、干満の動きにすごく敏感なのです。

*悔しくて、午後4時過ぎから再度キス釣りに挑戦。同じポイントで夕方のジアイを狙うも、潮の動きが悪くて4匹の追加で終了。

☆いよいよ、紀北の浜辺もキス釣りシーズンに突入です。石ゴカイが500円で十分に楽しめる、ライト感覚なちょい投げスタイルのキス釣り。

きっと、病みつきになりますよ!

◆釣ったキスの天ぷらは、ビールと相性抜群!お酒好きな方には、至福のひとときが待ってますよ♬